測量と整地

太陽光発電システムを設置する前に、設置場所の状態確認を行います。現況測量や整地の流れをご紹介致します。

測量

ドローンを使用して空撮を行います。手動で行った場合には1週間かかるとされる作業が3~4時間程度まで短縮することができます。

ドローンを使用して空撮を行います

(1)あらかじめ作成しておいた飛行航路をUSBケーブルにてUAV本体に送ります。

飛行航路データをUAVに送ります

(2)設定された経路を飛行しながら、航空写真を連続撮影します。

航空写真を連続撮影します

◆◇ 空撮測量について ◇◆
視差効果(ステレオカメラ)の応用を用いて単純な三角法で高さを算出します。
1.少しずつずらして撮影した画像内から特徴量検出により、同一ポイントを見つける。
2.これらにより、三角形を複数形成し、高精度測量を行なう。

空撮は視差効果の応用を用いて単純な三角法で高さを算出します

(3)航空写真を専用システムで解析し、高密度の点群データを算出。点群データより3D作図を行います。

3D作図を行います

3D作図2

(4)設計図面を3D化したものと、得られた3D作図データから比較土量を算出します。

比較土量を算出します

比較土量を算出します2""

整地

(1)土質・埋設物などの変動要因を調査・解析し、最適な施工計画を作成します。

変動要因を調査・解析し、最適な施工計画を作成します

(2)作成された施工完成図面の3次元データによって知能化されたICT建機による整地を行います。

ICT建機による整地を行います

ICT建機による整地を行います2

ドローンの空撮のみでなく高精度の3次元データによって確認作業が減り、整地の作業工期も短縮できます。また、目視してオペレーターに指示をする現場作業員が必要なくなる等、人件費の削減が見込めるだけでなく、現場の安全にもつながり、測量と整地において多大な効果を得られております。

基礎の違い

設置の流れ

施工事例

住宅用最安値発掘隊

産業用最安値発掘隊

ミドルソーラー最安値発掘隊

価格交渉