基礎の違い

大規模なメガワット級の太陽光発電システムを設置するにあたり最も一般的な、野立て型の架台を支える基礎の種類についてご紹介致します。設置する土壌や地形、ご予算や見た目、強度などそれぞれ特徴があります。

コンクリート基礎

他の基礎に比べ強度が大変強く、見た目も美しくスマートです。コンクリートが固まるのに多少時間を要しますが、その分強固な基礎となり安心です。

コンクリート基礎

置き基礎


他の基礎に比べ強度が大変強く安心ですが、コンクリート基礎に比べ、地中に埋まっている部分が無い分、引っぱり強度は弱くなります。


パイル式基礎

コンクリート基礎よりは安価ですが、施工に特殊な重機を使用し、時間がかかる場合があります。地盤が緩い土地の設置に有効です。

パイル式基礎

単管パイプ基礎

一番安価に設置が可能ですが、土地や地盤により人件費が予想以上にかかる可能性があります。また、他の基礎に比べ、強度が強いとは言えず、若干不安が残ります。

単管パイプ基礎

基礎の違い

設置の流れ

施工事例

住宅用最安値発掘隊

産業用最安値発掘隊

ミドルソーラー最安値発掘隊

価格交渉