よくある質問

Q. 農地でも設置できますか?

A.農地転用すれば野立ての設置は可能です。さらに、現状の農作業の維持が可能であれば、3年間、一時的に転用が比較的簡単に可能となっているようです。


Q. 斜面に設置できますか?

A.角度や土壌にもよりますが、そのままでも設置可能な場合もございます。その場合は、敷地の有効面積が広がりますので、より多くのパネルを設置する事も可能です。


Q. 電柱が近くにないのですが、その場合はどうなりますか?

A.電力会社が新たに電柱を立ててくれますが、ほぼ、費用はお客様負担となります。また、2MW以上のシステムの場合は特別高圧となり、鉄塔が必要となります。


Q. 角度は何度くらいがいいのですか?

A.本来であれば30度がもっとも発電効率が高いとされています。ただし、野立ての場合、通常の四段架台で30度に設定すると、前後の間隔を約5mほど取らないと陰の影響を受ける場合があります。それに比べ、10度の架台を使用すると架台の間隔は2m弱で済み、同じ敷地面積の中ではより多くのパネルが設置でき、結果、20年間の収益は多くなる可能性が高いです。なので、その土地の形状や場所、広さによって最適な物をご提案致します。詳しくは、架台の選定ページにてシミュレーションをご紹介しております。


Q. どのメーカーがパネルがおすすめですか?

A.今、当社で使用しているのは海外メーカーのパネルですが、もちろん国産メーカーも使用可能です。発電能力・形・大きさに大差がない物が多いので、25年の出力保証がある海外メーカーも安心ですし価格もお求めやすく回収が早いものが人気ですので、候補の一つとしてご検討ください。因に、大規模の太陽光発電システムの場合は、パネルやパワーコンディショナーをそれぞれ選べますので、故障した際に小回りの効く国産のパワーコンディショナーもご一考ください。

基礎の違い

設置の流れ

施工事例

住宅用最安値発掘隊

産業用最安値発掘隊

ミドルソーラー最安値発掘隊

価格交渉