意外な落とし穴

メガソーラーを設置にあたり、一般住宅向けや小規模システム設置時には当たり前の常識が通用しない可能性があります。設置後「こんなはずではなかった」とならないために、以下の様な事にご注意ください。ご不明点はお気軽にお問合せください。

地価が上がる??

今まで用途が無く放置していた土地が太陽光発電システムになりますので、工業 生産活動等の用に供される敷地として捉えられ、土地の価値があがり、固定資産税があがる可能性が大変高いです。初期投資額と、シミュレーションによる売電収入額、固定資産額を考慮に入れて十分な検討が必要です。

地価が上がる

売電する電気を流すには

発電する規模が、50kW〜2MW未満の場合は通常の電信柱に通っている高圧電流に流す事が出来ますが、2MW以上の規模になると特別高圧(特高)といわれる特殊な変電施設が必要になり、通常の電信柱ではなく鉄塔に直接流さなければなりません。近くに鉄塔が無い場合、新たに設置する必要があります。場合によっては鉄塔の設置費用もお客様負担になる事もございます。

売電の電気を流すには

土壌の調査??

設置場所の地質調査が必要となります。太陽光発電システムの設置に適していない土壌と判断された場合、地質改良の必要があり、別途費用がかかります 。

土壌の調査

雑草が問題に??

野立てのシステムの場合、特に気をつけなければならないのが、雑草の問題です。もちろん、施工時には雑草や邪魔な木々は除去致しますが、何年かすれば生えてくる可能性はございます。雑草を放置すると高く伸びた草木がモジュールに陰を作り発電の低下をもたらす他、部分的な陰によりホットスポット現象が起き、モジュールの故障などを引き起こす可能性も否定出来ません。
対策としては何種類かあり、それぞれの土地やメンテナンスに人件費を割けるか等によって使い分けが必要になります。
1草刈り:これは、雑草が伸びた分だけを草刈り機で刈って行くだけで、根は残ってしまい、すぐに生えて来てしてしまいます。
2防草シート:商品によって耐久性に違いがあり、安価な物ですと5年程度で交換が必要になる場合も。耐久性の強い物であれば、砂利の下に引き、常に紫外線にさらされない場所であれば半永久的に使用出来る物もございます(使用条件によります)。
3除草剤:根まで枯らすので、生えない状況が長く続き、また枯れた草も風化して土に還りますので片付けも不要です。枯らすまでに2週間程時間がかかる事が有り、即効性はありません。少ない人員で撒く事が出来、人件費は低く済みます。毒劇物ではありませんが、井戸の周辺や農耕地の近くでは使用を控えなければなりません。

雑草の問題

基礎の違い

設置の流れ

施工事例

住宅用最安値発掘隊

産業用最安値発掘隊

ミドルソーラー最安値発掘隊

価格交渉