1MWメガソーラーシステムの簡易見積りはこちら

どんな土地が好ましいのか?

高低差がほぼなくまた木などが生えていない事が条件となります。現在は木が生えていなくても、以前生えていた場合などは根を抜く作業が必要になりますので、別途費用と日数がかかります。また、周辺に高い建物がある場合は陰の影響を考慮し、土地全体にパネルを敷くことが出来ない場合がございます。


おおよその金額は?

1.5MWの太陽光発電システムを設置すると、メーカーや設置方法などによりますが、1kWあたり250,000円(税抜)ほどになります。土地の傾斜角度や土壌によっては整地代等、別途必要になりますので、正確なお見積りは現場を拝見させて頂いてからとなります。


売電により得られる金額は?

売電シミュレーション

システムのメーカーにもよりますが、このシミュレーションで設定しているパネルで換算すると、年間約1,555,872kW/h発電し、平成26年度の売電価格36円(税抜)で計算すると、56,011,392 円(税抜)となります。


どのような手続きが必要か?

経済産業省の設備認定と東京電力の接続検討を受けた上での回答書をもって東京電力に接続申請をしたうえで、その年度の売電金額の確定となります。大掛かりな整地開発になることもありますので、役所への確認も忘れてはなりません。これらの申請は発掘隊が代行いたしております。


施工の期間はどの位かかるのか?

通常、設置の過程は、
整地→搬入・架台の設置・パネル設置→電気配線工事→電力会社の連携となります。
季節や土地の形状、繁忙期かどうか等にもよりますが、1.5MWのシステムですと約四ヶ月程工期を頂いております。
この四ヶ月という期間は、整地の期間と、電力会社の連携までの期間を除きます。
現場を確認するまで、設置する土地によってどれだけ整地に時間がかかるか不明な為です。もちろん、現地調査させて頂ければ、整地にかかる期間を算出する事は可能です。

基礎の違い

設置の流れ

施工事例

住宅用最安値発掘隊

産業用最安値発掘隊

ミドルソーラー最安値発掘隊

価格交渉