架台について

大規模なメガワット級の太陽光発電システムを設置するにあたり基礎同様架台選びも長期に渡って安心するために慎重に決定したいものです。土地の環境や状況、広さに応じて最適なものを選びましょう。

架台の角度と売電

今、一番発電効率がいいのは架台の角度が30度と言われています。ただし、太陽光パネルを4段にした際、間隔を約5メートル程度取らなくてはいけなくなります。20度では約3.5メートル、10度では約2メートルの間隔が必要となります。日本のような限られた土地では、角度を低くし、より多くのパネルを敷いた方が収益が増えることもあります。
積雪地域などでは、10度ですと雪はけが悪いので30度以上の架台をつけるといった方法も必要となります。

10度の角度で設置した場合 10度の角度で設置した場合

10度架台の詳しいシミュレーションはこちら

20度の角度で設置した場合 20度の角度で設置した場合

20度架台の詳しいシミュレーションはこちら

30度の角度で設置した場合 30度の角度で設置した場合

30度架台の詳しいシミュレーションはこちら

上のイメージ写真は、架台の角度を10度・20度・30度にした場合、それぞれ設置可能なモジュールの枚数がどれだけ変わってしまうかのシミュレーションです。この場合、10度と30度では実に784枚もの差が出てしまいました。

もちろん、設置する地域や土地の傾斜、状態などにより大きく結果が変わる可能性もございますので、ご相談ください。詳しいシミュレーションを元に、最適な太陽光発電スステムのご提案をさせて頂きます。

基礎の違い

設置の流れ

施工事例

住宅用最安値発掘隊

産業用最安値発掘隊

ミドルソーラー最安値発掘隊

価格交渉